クラブ概要


ライオンズクラブとは

◆Lions Clubs International

 ライオンズクラブは、世界約210ヵ国135万人、日本では11万人を超える会員で構成されている、世界最大の奉仕団体であり、国連公認のNGOです。「ウィ・サーブ(われわれは奉仕する)」をモットーとして掲げ、世界の国々でさまざまな奉仕活動に取り組んでいます。※詳細はLions Clubs Internationalをご覧ください。

 「社会の役に立ちたいが、何から始めればいいんだろう?」とお考えの方にとって、ライオンズクラブへの参加は最良の選択肢となります。

ライオンズクラブの一員となることで、社会に貢献しながら、自分の人生をより豊かに変えることができます。

東御ライオンズクラブ

結成は1974年3月25日、上田ライオンズクラブをスポンサーとし、当時は「東部ライオンズクラブ」として結成。現在の会員数37名。

 

事務局

〒389-0516

長野県東御市田中99

田中コミュニティーセンター内

TEL:0268-63-6792

FAX:0268-63-6792

 

ご挨拶

 

45代クラブ会長 山崎 康一

 

 45代東御ライオンズクラブ会長に指名頂き就任させていただきました。当クラブは、結成以来44年に亘りライオンズのモットーである「We Serve」を合言葉に、会員全員が心ひとつにして、友愛、親善、相互理解のもと社会奉仕に精進してまいりました。

 ライオンズクラブは210の国または地理的領域で約135万人の会員が、地域社会のニーズにこたえるべく奉仕を実施しております。特に世界中で失明予防、薬物乱用防止、糖尿病教育などの困難な分野に取り組んでいます。

 東御ライオンズクラブホームページにて、私どもの活動を少しでもご理解いただき、共鳴して頂けるならば、手を取り合って社会情勢の厳しい中、奉仕の精神のもと同士の皆様方と一致団結し、強固なクラブ活動を運営し、継続していくためにも一人でも多くのご賛同及び入会をお願い申し上げます。

東御ライオンズクラブの活動方針

「国際協調」

 ◆フィリピンへの支援物資と医療奉仕活動

  今年で41回になる長野県ライオンズクラブの奉仕活動の一環で、タオル・歯ブラシ・石鹸等支援物

  資を送り、医師・看護師等による医療奉仕を行う。

「青少年育成」

 ◆子供禅の集い

  今年で41回になる「子供禅の集い」は、地域の子供達に座禅を通して自分を見つめる静かな時間

  を持ち、食事での作法・感謝の心などを教えていく。

 ◆薬物乱用防止セミナー

  薬物乱用防止活動として、地元の学校を対象に薬物汚染の怖さ、被害の現状、対策等正しい知

  識をセミナーで伝えることにより、未来ある自分の将来を守れるように指導していく。

「献眼・糖尿病教育」

 ◆LCIFライオンズクラブ国際財団

  国際的な援助金で、この3年間は、「視力ファースト」のキャンペーンとして、失明の予防と治療を

  目的とした寄付金を拠出する。

 ◆献眼登録:成人式・巨峰の王国祭等の会場で献眼登録を呼びかける

「献血・骨髄移植」

 ◆地元の企業に献血を呼びかける

 ◆上田駅にて腎臓移植キャンペーンを行う

 

地域への奉仕活動

「地域の清掃」

 ◆道の駅周辺道路清掃、千曲川クリーンウォーク

 ◆老人介護施設での清掃奉仕。36年以上続けている清掃奉仕で、女性メンバーとメンバーの奥方

  が、老人介護施設で清掃・おむつたたみ・朗読などを行う。

「社会福祉協議会助成」

 ◆社会福祉協議会に助成金を贈呈する

 ◆市内小学校へ備品寄付:市内小学校に楽器を贈呈する